読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだこれくしょん

便利なものなどの発見ブログ

1月株主優待、おすすめ銘柄5選を紹介

1月株主優待のなかから、おすすめ銘柄を紹介します。
株主優待の銘柄数は28銘柄と、残念ながら銘柄数が4番目に少ない月ですが、なかには魅力的な銘柄もあり楽しみです。

僕は、株主優待や配当金といったインカムゲインを目的に投資しています。
配当金をもらうと、もちろん嬉しいです。
それ以上に、株主優待で金券や贈り物などを貰うと、さらに嬉しくなります。
株主優待は、日々の生活を少しだけ豊かにしてくれるものです。

今回は、1月株主優待から、僕が買いたいな~と思う銘柄を選んでみました。
2017年1月の権利付き最終日は、26日になります。

丸千代山岡家(3399)

・北海道・北関東地盤のラーメンチェーン。幹線道路沿いに出店する。
・手作りスープにこだわりがあり、既存店売上は好調に推移する。
・財務面では、やや有利子負債が多いも、キャッシュフローは安定している。
【株主還元】
株主優待 食事券1,240円相当(年2回・お米2kgと交換可)
配当利回り 0.87%
【投資指標】
・株価 1,146円
・PBR 1.83
・PER 8.32
自己資本比率 28.7%
・売上高 100億円
・営業利益 5億円



★ 不二電機工業(6654)
・制御用の開閉器で高シェア。日立や東芝などの電力向けが多い。
リーマンショック時にも、黒字を確保するなど業績の安定感が高い。
・財務面は、自己資本比率は驚異の9割台で、有利子負債がほぼゼロと、鉄壁の安定感を誇る。

【株主還元】

株主優待 クオカード500円相当(年2回・3年継続保有⇒1,000円相当)
配当利回り 2.28%
【投資指標】
・株価 1,406円
・PBR 0.82
・PER 32.32
自己資本比率 93.9%
・売上高 40億円
・営業利益 6億円

 

★ サムコ(6387)

・京都を地盤とする、半導体など電子部品製造装置の研究開発型企業である。
・景気敏感株に思われそうも、リーマンショック時にも黒字を確保するなど、意外と業績は安定感がある。
自己資本比率7割台で、現金等>有利子負債と、財務面は安定感が高い。

【株主還元】

株主優待 クオカード1,000円分(2年継続保有⇒2,000円相当)
配当利回り 2.03%
【投資指標】
・株価 983円
・PBR 0.95
・PER 16.47
自己資本比率 78.5%
・売上高 53億円
・営業利益 7億円

 

エスフーズ傘下。中国地方発祥の食肉小売業である。外食事業も展開する。
自己資本比率7割、リーマンショック時も黒字など、業績・財務は安定感が高い。
【株主還元】
株主優待 自社商品3割引(牛肉・ハム・ソーセージなど)
株主優待 自社商品3,000円相当(7月・500株以上)
配当利回り 2.06%
【投資指標】
・株価 1,166円
・PBR 0.74
・PER 7.44
自己資本比率 72.4%
・売上高 379億円
・営業利益 19億円

スバル興業(9632)

東宝系。道路メンテナンスが主力。映画興行、飲食、駐車場事業も運営する。
・財務面は、有利子負債ゼロと鉄壁の安定感がある。

【株主還元】

株主優待 有楽町スバル座招待6回(年2回・1,000株以上
配当利回り 2.67%
【投資指標】
・株価 486円
・PBR 0.68
・PER 9.12
自己資本比率 82.4%【有利子負債ゼロ】
・売上高 202億円
・営業利益 18億円